Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

MHF ranking

Profile
Search this site.
 

MHF Twitter

Access Counter

Mobile
qrcode
  • SEOブログパーツ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

HC クシャルダオラ.MHFF.1




 モンハンでは最も最初に生息が確認された古龍種。カプコンを退社したMHオンラインプロデューサー、田中剛氏の遺産とされる種族であり、感慨深くなる方も多いのではないだろうか?特異個体はF.1から。翼は更に光沢を帯び、原種では見られなかった氷を生かした攻撃が追加されている。

 名前の由来は、インドなどで数珠の材料に用いられる「ルドラークシャ」から。暴風雨の神、ルドラが落とした涙の実とされており、神聖なものとされ、一目見るだけでもカルマや心が浄化されるほど。ヒンドゥー教の最高神「シヴァ」はこの実を幾重にも身に付けていたとされている。氷の属性はここからか?

 生態は角に大気を制御する器官があり、その影響はワンエリア分を暴風に晒すほどの脅威となる。更に自身の周囲では風の鎧を纏うことができ、生半可なハンターは近づくことすらも出来ないほどの風圧を発生させている。

 クシャルダオラの評判は歴代のモンハンシリーズでもかなり変わっており、初登場となったMH2では、メインを飾ったモンスターともあって、注目や期待も高かったが、その反動も大きく評判は大荒れだった。

 その理由として、クシャが一度バックステップで飛び上がると、なかなか地上に降りてこなかった(今、MHFにいる原種よりも降りてこない?)。そのため、顔は満足に攻撃出来ず、ダウンも奪えない、常に風を纏い縦横無尽に飛び交っているクシャと長い時間、戦うハメになっていた。当時では今よりも貴重な閃光玉の調合が面倒なこともあり、現在の様に簡単に閃光玉を投げれる時代ではなかったため、過酷な状況で戦うことを余儀なくされていた。

 おそらくMH2では最大の代名詞?とされる「tnksn」もこのモンスターがきっかけだったが、そもそもMH2のオンラインの難易度が高すぎたことが諸悪の根源だったと思われる。しかしながら、ヤフーBBの終了に伴い、MH2も2011年6月末にサービスを終了したが、終了間際、一部では田中氏を憂う声もあったりと、今の杉浦氏の様に愛されていたことが垣間みられた。

 MHFになってもクシャの人気は相当で、最早フルクシャは言うまでもなく、フル装備の様式美として君臨している。その風貌はドラギュロスが泣いて逃げるほど、輝きを増したかにも見える。





【HC 下位クシャルダオラ(鋼龍の荒殻)】

体力:7,200〜7,799x1.0
防御率:0.75〜0.80x1.0
防御率1.0倍換算時体力:9,000〜10,398(小数点以下切り捨て)

片手剣:
双剣:モノズ=ニル
大剣:
太刀:青ノ太刀【切】
ランス:
ガンランス:
ハンマー:ヴェノムインパクト、カクトスランブル
狩猟笛:
ライト:
ヘヴィ:グラヴィリーニア
弓:
防具:

【HC 上位クシャルダオラ(鋼龍の猛殻)】

体力:9,000〜10,799x1.0
防御率:0.65〜0.70x1.0
防御率1.0倍換算時体力:12,857〜16,613(小数点以下切り捨て)

片手剣:
双剣:双雷【地】
大剣:
太刀:覇帝刀ヤイカムトルム
ランス:
ガンランス:
ハンマー:
狩猟笛:ザザミ・ティアン
ライト:ハートレスレクサス
へヴィ:ベルヴァスレイ
弓:
防具:

【HC 剛種クシャルダオラ(鋼龍の暴殻)】

体力:12,000x1.0
防御率:0.60x1.0
防御率1.0倍換算時体力:20,000(小数点以下切り捨て)

片手剣:
双剣:極舞雷双【雀鷹】
大剣:
太刀:
ランス:パラエミティーフェ
ガンランス:
ハンマー:
狩猟笛:
ライト:レウスロアー
ヘヴィ:
弓:
防具:

 ※Freedomの小部屋様の体力と調査スレの防御率から算出した数値です。

【状態】

咆哮:大
風圧:龍

【スキル構成(剛力などの攻撃スキルは除外)】

推奨:高級耳栓、龍風圧無効、鉄面皮
その他:忍耐の種、閃光禁止

【攻撃系統(原種からの攻撃は省く)】

■竜巻追加:パンチなどのあとに、竜巻が時間差で発生する。
■飛び掛かり反転ブレス:急にジャンプした後、反転してブレス。
■竜巻設置:ハンターの真下に竜巻を発生させる。離れすぎると他の竜巻に巻き込まれる。
■王者の風格:歩きながら竜巻発生。
■咆哮:咆哮と同時に氷発生。当たると打ち上げ効果+防御半減。
■低空アタック:飛び上がってからハンターに目がけて、超低空飛行で襲ってくる。
■扇状ブレス:飛び上がって噛み付きモーション後に発生。
■ブレス3連:飛び上がって方向を変えると3連ブレス。一帯が危険地帯。
■3連アタック:飛び上がって同じハンターに3回キックを行う。
■コンボ:飛び上がって1連の既存攻撃をして着地。
■大竜巻攻撃(剛限定):クシャの周囲に竜巻。怒り時の発生が早く、当たると即死レベル。
■閃光投げると?:更に飛び上がって、地上にブレスの嵐。


 一番、鬱陶しいのは怒り時などの咆哮で、動きの遅い武器だとクシャに近ければほぼ必中。ガード出来ても、防御ダウンは免れません。剛種どころか上位でも防御ダウン時の攻撃が痛いので、忍耐の種忘れた時の戦慄は半端ないです。

 剛種限定で行う大竜巻は、思ったより範囲は狭いので、落ち着いて後退すれば対処可能。それ以外は飛び上がっても一連の攻撃で必ず着地してくれたり、隙も所々あるので、楽かもしれません。

 特異個体で頭の耐性が上がったとはいえ、ダウンを狙いやすい部類なので、積極的に頭に陣取りたいところ。ハンマーさんがいる場合は、譲り合いですw 

 ちょっとMH2のことを書いたけども、私はこいつはオフでしかやったことなかったので、ウザさとかは直には分かりません。上位とか考えられなかったものw オン繋いだけど下位しかやってないくらいチキンでした。